軟弱モノ

ヘヘ。 手探り状態ってやつさ。 半舷上陸にかこつけて許可して下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自虐した。

「自分はオタクだ」ということを、必要以上にアピールしてしまった・・・・・。こんにちは、チョット後悔しているドロンパです。

去る土曜日、〆切せまる仕事を午前中で切り上げて、午後から「妻の14、5年前の元同僚Aさん(男性)」の方の家でのバーベキューに招かれました。
(ワシの妻がその職場を退職したので「元」同僚)

ワシより3才上のAさんとは、ワシ自身も友達みたいな感じでして、スーファミのFゼロを借りてコースレコードを全部更新してあげたり、ファミスタでコテンパンにしてあげたり、マイナーゲームのポピュラスの虜にしてあげたり、挙げ句の果てにはAさんの結婚式のビデオを頼まれたのにファンタジスタ的大失敗してあげたりと、随分お世話になっておりました。

そんな思い出ばかりだったし、年賀状のやり取りでも「あいかわらずゲームやってるかい?」などと書いてくるものだから、てっきりAさんもゲーム大好きな人だと思っていたら、どうやらそうではなかったらしい。
年賀状の真意は有る意味“社交辞令”だったようで、Aさんの家にはPSはおろかSSもPS2もGCもX-BOXもありません(まぁ、X-BOXだけあっても悩みますが)。唯一、小6の娘さんがDSを持っていて、我が家の娘(こちらも小6)と“どうぶつの森”で交流していました。
初対面同士の少女が、おもむろにDSを取り出し、おもむろに目で合図を送り合い、おもむろにスイッチを入れ・・・・・不思議な儀式です。もっとも、その後ちゃんと生身でコミュニケーションをして、本当に楽しそうに遊んでいたので、親同士も嬉しかったです。


Aさんという方、久しぶりに話してみると、本当にすごく普通の方でして、いつものワシのペースじゃダメでした。
まず、ゲームやネットの話では全然続かない・・・いえ、続かないわけではないのですが、何故ネットをするかという部分を『ワシはオタクだからしょうがない』という自虐のオチを付けなければ、ワシが満足できない感じの流れなのです。
もちろん、Aさんのノリが悪いとかそんなんじゃなく、笑わせようと思ったところで笑ってもらえないデンジャラスな時間を過ごすにはテクニックが必要でした。

そんなこんなで、必要以上に「自分はオタクだから」という雰囲気をかもし出さなければ・・・いえ、かもし出しただけでは解ってくれ無さそうなので、アピールしてきました。今頃、Aさん一家に気持ち悪がられていないかが心配です。

なにしろ“掲示板”や“電車男”すら聞いたことがないときたもんだ。こういう人は、ワシは初めてでしたので、どこから手を付けて良いものか・・・。普通の社会人同士ならば“社会”“”経済“ガンダム”のどれかの切り口で話題が広がるんでしょうが、残念ながらワシはこの中の“ガンダム”しか知りません。“社会”問題でも、せいぜい「テポドンって怪獣の名前に似てますよね」と、以前このブログの日記でも言ったことを現実社会でも言ってみるにとどまりました。
団らんの話題の中で“電車男”の話が出たときに、まさか“ネット文化の掲示板”というシステムから説明しなければいけないとは、思っていませんでした。
『へぇ~、そんな難しいこと良く知っているね』という雰囲気を打破するためにも「自分はオタクだから」と謙遜してきました。ハハハ・・・。

Aさんの家に「PS2は無い」と電話で確認していたので、いつもそうしているように「PS2持参」で遊びに行きました。「ワシはオタクだから」ゲーム機持参など普通です・・・みたいな感じで持っていきました。
持参ソフトは『頭文字D』と『太鼓の達人・アニメ特集(タタコン忘れ)』です。場を持たせるには、ナカナカ良いセレクトだったと思います。
現に『太鼓の達人』は、小一時間ほど娘達とAさんを興奮の嵐に巻き込みましたもの。さすが職場バンドのドラマーAさん、抜群のヒット率をカウントしてくれました。たぶん娘さんもビックリしたんではないでしょうか。

もう1本の『頭文字D』は、原作にふれたことがある方ならば、ゲームに興味のない中年といえど多少はワクワクしてくれるのではないかと思って持っていったのですが、「ナント!」と言いますか「案の定」と言いますか、『頭文字D』も知らなかったです。
ただ、知らないながらもOPの映像には、ものすごく感動してくれたのが救いでした。あのモデリングに難有りという評判の『頭文字D』でもあんなに賞賛するのだから、『GT4』なんて見せたらば、さぞ感激することと思います。

まぁ、PS2はシャレで持っていっただけなので、その割には結構楽しんでくれました。途中「ゲーム画面を見て微笑んでいるよね」とか「毎日ゲームやってるの!?」というAさん夫婦の不思議そうな問いにも、しょうがないので「自分はオタクですから」と高倉健みたいに渋く答えておきました。
不思議と納得してくれました。

それにしても、バーベキューの時に「ワシは、(専務だけに)仕事しまセンムだから云々」という話をさらっとしたのですが、そのワンポイントジョークに「でた。オヤジギャク」と言われたのには若干凹んだ。

そうか・・・オヤジギャグだったのか。


最後に、全世界のオタクのみなさん。
オタクという文化を、手軽な説明用語として使ってしまいスイマセン。決して軽視している訳ではありません。
スポンサーサイト

テーマ:ああぁぁぁヽ(´д`;)ノぁぁぁああ! - ジャンル:日記

  1. 2006/07/11(火) 18:08:47|
  2. 身近なこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<極度に似ていると思う人。 | ホーム | やばい、面白い。>>

コメント

私も・・・(-_-)

「すごいね!色んな事知ってるんだね!?」
なんて言われると「そんな事はないんだけどi-194」といいつつ喜んでいたりするわけですが・・・・・・・・
「どうしてそんな事知ってるの?」と言われると辛いです(>_<)
「・・・・・・おたくだからかな?」と言ってしまう自分が良いのか悪いのか・・・。

>話が全然続かない・・・
毎週通っていて今更ですが・・・
  私と話している時は大丈夫ですか????
心配になってしまいました(^^;)
  1. 2006/07/11(火) 18:38:51 |
  2. URL |
  3. あくり #giIOxbWE
  4. [ 編集]

何をいっているんですか。

何をおっしゃる。
ワシら(ドロンパ一家とあくりさん)には言葉を越えた共通言語があるじゃないですか。
食に対しても、アニメに対しても、その他オタク系文化に対しても、我々は有る意味ニュータイプ。
その能力を持っていない人に、自分の持っている能力を解ってもらうことは出来ないモノなのです。
よって、ワシらはオタクの(食は妻子に任せてある)ニュータイプ同士。言葉はなくても分かり合えます。ワシらの「何となく解っちゃう・・・」って能力は大切なのですよ。

今回のAさんちは、ワシの持っているニュータイプ能力は一つも発揮できず・・・。ランバ・ラルのように強敵でした。

ココ何回かの土日は、何となく気ぜわしいので、恒例(?)の昼間バーベキューや親戚もどき集会も出来ないかも知れません。が、急にメールしてもビックリしないで下さい。

・・・ところで。
ワシからメールしてもパテシエは不安がりませんかね?
たまたま、今朝のTV(「スッキリ」っていうどうでもいい番組)で特集していたものですから。
  1. 2006/07/12(水) 09:52:09 |
  2. URL |
  3. ドロンパ国王 #RqWBMyRA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyamodo.blog21.fc2.com/tb.php/93-5fd41d05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドロンパ国王

Author:ドロンパ国王

北海道に住む。見た目はリュウ・ホセイ、中身はランバ・ラル。リンク・TBも良ければお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。