軟弱モノ

ヘヘ。 手探り状態ってやつさ。 半舷上陸にかこつけて許可して下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中田。

今朝のニュースを見て、ワシは中途半端に腹が立つ。「やっぱり中田もか」というガッカリ感。今、現在その球技に夢中になっている少年に『夢』なんか与えられるような行動じゃないのに、何故メディアは彼をそんなに褒め称えるのだろう?

まだ働けるのに「もう辞めます」だぁ?
はぁ!?
バッカじゃネーの!!?

ワシには単なる天才のワガママにしか見えないのですが、これは“ひがみ”からくる偏見か!?
はんっ!ここで、一言で「天才の・・・」と決めつけると「彼は天才じゃない努力家だ」とか「隠れて練習を人一倍していた」とか「努力の天才だ」とか良く聞くエピソードがあるという事実が、ワシは知らないけれど絶対有るに決まっている。解っているさ。何ていったって小説やマンガでは良くあるパターンだ。きっと中田もそういう事を言われる人に違いはあるまい。

でも、ワシの卑しい頭では、どう考えても彼を褒め称える選択肢はない。いくら16才から29才まで最前線で戦ってきたと言ったって、結局は日本には(日本人には)ほとんど夢も希望も与えてくれなかったじゃないか。
外国にばかり居て日本ではCMの中で見るだけ。でも「近い将来、きっと中田は世界の技を吸収して日本に帰ってきてくれるはずだ」と思っていたオジサン・オバサンもいるはずだ。現にこの球技ををほんのチョットしか知らないワシはそう思っていた。

何が人生設計ですか。

未だに現役であり続けようとするカズの方が魅力的でカッコイイ。日本人とはこういうものだと感じるのはカズのスタイル、人生設計だ・・・いや、設計図無しのその一途さ、ガムシャラさ必死さに“愛しさ”さえ感じる。



まぁ、この日記で言っているのが“どの中田”なのかは言わないけれど。
実は、別の球技のの新庄にも同じ様な感情を抱いていますが、外国から帰ってきて、ちゃんと又日本でその技を見せてくれたった点だけは、中田よりも100倍エライ。でも、あなたもまだまだ動けるでしょうが?そんなに老いるのがダメなことなのか?老いてまで頑張る姿を見せるのがダメなことなのか?失敗する姿を見せるのがダメなことなのか?


言っておくが、ワシは失敗だらけだ。
その姿を家族にも見られている。
イライラしている姿も見られるし、泣き顔も見られた。
子どもにとっては、これもワシなりの教育だ。
スポンサーサイト

テーマ:独り言 - ジャンル:日記

  1. 2006/07/04(火) 08:20:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<言うしか能がない。 | ホーム | 逆襲。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyamodo.blog21.fc2.com/tb.php/87-c841add3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドロンパ国王

Author:ドロンパ国王

北海道に住む。見た目はリュウ・ホセイ、中身はランバ・ラル。リンク・TBも良ければお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。