軟弱モノ

ヘヘ。 手探り状態ってやつさ。 半舷上陸にかこつけて許可して下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何の肉が好き?

こんにちは。
ワシは昔っから「松尾ジンギスカン」が大好きです。

松尾ジンギスカン 特上ラム 1kg

北海道独得(らしい)のジンギスカン鍋で焼くのは最高ですが、ホットプレートで焼くのも有りです。ワシは袋からタッパーにタレごと移してから焼きます。次第に焼き場にタレが溜まって来るのですが、最後にはその焼けたタレで「うどん」を焼くというか煮るというか。

【鉄鍋付】松尾ジンギスカンおためしセットB 5050円

肉汁やタレを下に落として焼く網焼きも良いですが、こういう食べ方も良いですよ。


とはいっても。
最近は『ビグザム(本名:バーベクック)』を使って野外で焼くのがすっかり好きになってしまいました。オススメはブロックベーコンを厚~く切り、炙って食べる、これですね。うまいことお店で見つければ「1g1円」っていうベーコンの塊が売ってるので、ソレをゲットするのです。
おもむろに1cm弱にブツブツ切って焼くだけ。弱い火でも脂が下に落ちてジュワーっとなってくれます。これが存外旨い。
ご存知無かった方は是非やってみて下さい。


このベーコン焼きも良いのですが、やっぱりワシは小さい頃からジンギスカンが大好き。小学生の頃は1週間に何回出ても喜んで食べていました。
中学生になるとホルモンも好きになりました。コチラで言うホルモンは、本州とは違うかも知れませんが、主に腸のペロペロンとしたヤツです。スーパーで売っている物で言うと、南光苑さんのホルモン(みそ・しお)がワシには一番馴染み深いホルモンです。
次に好きなのは鳥肉。鳥は焼いても蒸しても揚げても煮ても、なんでもOK。丼も親子丼が一番好きです。親子丼には焼き海苔も相性抜群ですしね。
次が豚肉。最近の豚肉は本当に美味しいです。なんか切り身も綺麗な色だし。ロースが特にいいな~。

漁師の息子なのに肉が(というかジンギスカンが)ダイスキーでした。

そんな肉好きなワシですが実は20才を過ぎるまで牛肉は、あまり好きじゃありませんでした。いや、もしかしたら好きになる可能性はあったのかもしれませんが、昔の牛肉は純粋に高かったので食えなかったんだと思います。更に親は「牛は美味しくないから買わない」と言って買って来なかったので、小さい頃のワシは本気で「牛肉は『高いのに美味しくない肉』なんだ」と思いこんでいました。

そんなワシにもいよいよ牛肉を牛肉として意識して食べる日がやってきました。実に高校1年生の初夏のある日がワシの牛肉デビューの日です。実際には牛丼でしたが。

※でも考えると、母が作ってくれたハンバーグは牛豚合い挽きの肉だったろうし、ボンカレーなどにも使われていたと思われます。

この頃になると「牛肉は高いけど旨い肉なのだ」という現実は認識していました。しかし、やっぱりワシは高い牛肉よりジンギスカンが好きでした。高校生になっても1週間の内かなりの日数をジンギスカンの肉を食ってました。今考えると、高校生まで全然太らなかったのは、今でこそ話題のジンギスカンの効能だったのかもしれません。

その日の事は不思議と良く覚えています。
よく晴れていました。昼食は中庭でクラスの仲間たちと喰いました。そしてその仲間の中に、弁当に自家製牛丼を持ってきていた友達がいたんです。
彼がふたを開けた途端、周りの友人達は「スゲー!牛丼!牛肉だよ!羨ましい」とか盛り上がってました。持ってきた友人はヒーローの様にもてはやされ、おだてられ、自分の弁当を喰われていました。「ひとくち、ひとくちだけ!!」っていうアレです。
ちなみに男子校だったので、この光景に女子は混ざっていません。実にしょっぱい光景だったのは言うまでもありません。全員ガクランですよ。まるで何かに群がるカラスのようです。
おまけに、食い盛りの高校生です。ドカベンみたいなサイズの弁当とはいえ、黒カラス軍団の「ヒトクチダケ~」攻撃には、さすがのドカベンもみるみる減っていきました。

そうなると、ジンギスカンにゾッコンLOVEなワシもさすがに気になります。基本的に肉は大好きなので、食べてみたい気持ちはありました。ですがそうは思っても、もうすでに彼の弁当は半分も有りませんでしたから、無理は言えないし・・・と思っていたら、彼はコチラに寄ってきて「少し、ばくるべ(少し交換しよう)」と持ちかけてくれました。
ワシはそんなに物欲しそうな顔をしていたのでしょうか?でも、願ってもないチャンスだったので遠慮無く「ヒトクチ」頂きました。

おや?

すごく期待していたせいなのかも知れませんが・・・・・・その牛丼の肉は正直あまり美味しくなかったです。これは有る意味ショックでした。すでに十何人ものハシの蹂躙をうけたその姿は無惨であったのはヨシとしても、肉が全然ジューシーじゃないし、何より硬い。「オイオイ、これじゃジンギスカンのほうが絶対美味しいぞ」と心底思いました。
しかし、人の弁当を分けてもらっている手前上とても牛肉批判などできる訳がないので「お、ウマイね」と言ってみましたが、心がこもっていないのを見抜かれたのか、持ってきた本人は「でも、冷めてるから硬いだろう・・・?」と言ってくれました。
『そうか・・・これは牛肉的にはベストじゃないんだな・・・』著しく減った彼の弁当のせいなのか、寂しそうに微笑む友達の牛肉へのフォローに、ワシは答えられなかったです。何しろいままで牛丼(牛肉)を食ったことがないのでね・・・・・・。何となく貧富の差を感じてしまった青春時代の1ページです。

そういえば、その友人は昼飯に鰻丼を持ってきたこともありました。本当に変にリッチマンな友達でした。実はその時もヒトクチ「冷めたウナギ」を頂いたせいで(ウナギもこの時初めて食った)その後4年間「ウナギは旨くない」と間違った食感覚を抱いたのでした。

逆に言うと、貧しい専門学校時代に「牛肉」にも「ウナギ」にも憧れを持たなかったので、有る意味幸せでした。


それにしても、最近のTVを見ていて頭に来るのは、普通の芸能人があんなに良い食材を、あんなにペロリと簡単に喰っても良いのですか?あれも宣伝の為なんですか?ワシみたいな庶民には全然食えない肉や魚を・・・・自腹ゲームだとかマグロ1匹丸ごとだとか・・・・・・うらやましい、というか、恨めしい。
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

  1. 2006/06/24(土) 17:30:03|
  2. 食べ物・お酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最近の女優さんとか女性アイドルとか。 | ホーム | 誰でも起こる現象。(だと思う)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyamodo.blog21.fc2.com/tb.php/80-08917833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドロンパ国王

Author:ドロンパ国王

北海道に住む。見た目はリュウ・ホセイ、中身はランバ・ラル。リンク・TBも良ければお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。