軟弱モノ

ヘヘ。 手探り状態ってやつさ。 半舷上陸にかこつけて許可して下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を読んだ(1回目感想)。

今回のハリーは、面白い。

炎のゴブレットで「あれ?」とか、不死鳥の騎士団で「もうダメかも」とか感じて、今回は買いあぐねている方も中には居るんじゃないかと思います。
けれどご安心あれ。
今作のハリーは、最初から、・・・・何と言いますか開き直っていて、少年なりの凛々しさを感じます。

1作目の時の様な“あどけなさ”“少年がふりしぼる勇気”“純粋な友情”といった、間違った言いかたをするならば「ショタ系の萌え要素」は感じられません。が、別な魅力が溢れています。


さてここで、ワシの勝手なイメージを基本にして話すのは、自分の視野の狭い考え方を暴露するようで非常に恥ずかしいのことなのですが。まぁ、チョット聞いて下さい。
今回のハリーはいよいよもって“児童書”というワクにははまらないと思います。小学6年生の娘のワクワク度がこんなに下がり、重いテーマ性ゆえなのかドキドキ度アップ、手許に届いてもスグに読まずに我慢できるようでは、明るく楽しく導く“児童書”とは言い難いのではないのでしょうか?
娘を見ている限りは『ちょっと怖いSF小説にナカナカ手を出せない』そんな風な感じでした。

(※あ、“児童書”が“他のモノ”に劣っているという偏見は持ってないつもりですし、“児童書”の方が、正しく道徳やら色々なモノを盛り込んだカテゴリーであるという正論のツッコミは勘弁して下さい。“児童書”が単にドキドキワクワクを楽しむモノじゃないのは、妻や知り合いからも何遍も言われているので解ってはいるのですよ。どちらかというと“児童書”と大きく括ってしまうカテゴリーに不満があります。“児童書好き”より“絵本好き”のほうがエレガントに聞こえるのが不思議ですし。)


既にハリーは“児童書”のレベルは大きく越えちゃってるでしょ?児童より大人が楽しみなんだもの。なんやかやと、いい大人のワシが作品中の出来事に一喜一憂しているのも良い証拠だと思います。
もし『ハリーポッターからは前作で卒業したよ』と思っている人がいるならば、それは多分間違いだよと教えてあげたい。“児童書”でないのだから卒業する必要ナッシング。
仮に既に卒業しちゃった気がしているなら、再編入か進学した気分で戻ってきてみませんかね?1~2カ月遅れなら、待ってるし。


それくらい力の入れ場所を間違った力説をしたくなる程、今回の「謎のプリンス」の感触は良かった。


かくゆう、ワシも、ワシの妻も前作「不死鳥の騎士団」でチョットつまづきました。
ワシががっかりしてしまった部分は、予言において「ハリーじゃなくてもよかった」的なニュアンスが出てくるあたりでした。
もちろん、前作の全般を通してにじみ出ているハリーの反抗期っぽい言動。いつものようにラストでも一向に浮上を見せないストーリー展開。シリウスの死。そのあたりも多分に影響しています。
『6(謎のプリンス)でも、こうゆうダウナーな展開ならラストまで読めないかも・・・』と感じていたのですが、心配を吹き跳ばしてくれました。

ダンブルドア、ロン、ジニー、ロンの家族、ハーマイオニー、ハグリット、騎士団のメンバー、スネイプ、マルフォイ、そして魔法省・・・

今作、冒頭での、ダンブルドアがダーズリー家に発した言葉の真相は?
同じく冒頭、スネイプの『約束』を交わすときの微妙な葛藤(とワシは読んだ)の理由は?

ハリーの想像は、本当にそのとおりなのか?
そして、マルフォイは?
スネイプの真意は?
ダンブルドアは?

ネビルは?
ジニーは?


一体どんなラストを描いてくれるのでしょうか。


ところで、
7巻で終わりなのですよね?
物語りはスッパリ結末をつけて終わって欲しいのですが、主人公達とお別れするのはつらいですね。

7年のお付き合いですもの。


スポンサーサイト

テーマ:読書の話 - ジャンル:日記

  1. 2006/06/06(火) 07:46:12|
  2. 本・小説・マンガ・映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<今日、北海道人の何人かがとった行動。 | ホーム | 土・日とビール。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyamodo.blog21.fc2.com/tb.php/65-ab8db55f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ハリーポッターと謎のプリンス」感想 

1号が1日半で読み終えた後、私は3日かかってざっと一読終えました。その後、即本はS君ママに持って生きました。すぐ彼女と彼女の娘さんの感想を聞きたかったからです。なので、
  1. 2006/06/15(木) 07:40:04 |
  2. ログハウス

プロフィール

ドロンパ国王

Author:ドロンパ国王

北海道に住む。見た目はリュウ・ホセイ、中身はランバ・ラル。リンク・TBも良ければお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。