軟弱モノ

ヘヘ。 手探り状態ってやつさ。 半舷上陸にかこつけて許可して下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画館で「ZG2‐恋人たち‐」を観た。その3

実はこの後の展開が、更に加速してしまう部分もあったりするので、イチゲンさんには難解なのかも知れません。
というか、さすがのワシもこんがらがった箇所がある。
どこがどうとは言えないのですが、Zが登場したくだり。アレってカミーユが宇宙に上がった直後じゃないですよね?いや、そんな急な演出だった事では無かったと思うのですが、今思い返しても、どうも繋がりにくい。大袈裟にいうと、苦労してマーク2で宇宙に行った先で、ジェリド達に待ち伏せされた印象なのです。
だから、このあたりの展開……というかこれ以降のレビューは、DVDなりアニメ誌なりが取り上げてからワシも思いだし、反芻し、咀嚼してみたいと思います。

ただし、少し前のフォウと決別してきたカミーユがファと再会した際に、キスをしようとするシーン。
ワシはこのシーンが後から好きになってきました(ファの猫のような笑い声は良くも悪くもスパイスです)。
カミーユが自分の守るべき者に気が付いたような感じに見れたんです。フォウが無理をしてまで(結果死亡)ファの所に帰してくれたんだと、見ているワシがその妄想にのめり込んでしまっているんですが。どうでしょう?そういうキスじゃないのかな?
それとも外人特有(偏見)の、知り合いにする挨拶のキスですか?

■大体、TV版のカミーユはファに冷たすぎます。あんなに美人なのに…。アムロにおけるフラウとは、かなり違う(美人ちゃん)と思って見ていたので、てっきりロマンスがあると思いきや…。TV版からずっとレコアだフォウだロザミアだと…。もっとすぐそばに良い子がいるじゃないか!この贅沢者めが!!■


後半部分でも、色々感激したシーンはあるのですが、順序立てて考えていっても、どのシーンが先だったか後だったかが思い出して組み上がらないのです。
一度の視聴ではここまでか…個人的な限界です。
あの男ばっかりのエゥーゴ首脳(?)会談も新作画と相まって、とても新訳の…というか「恋人たち」の意味を読みとれる良いシーンだったのに。ヘンケンもブライトも。
ウォン・リーが、武器商人のアナハイムエレクトロニクスのエゥーゴ側担当(担当ですよ)だというシーンも改めて「へー。そうだよなぁ」と思ったし。
性急すぎて判らなかったのが、いつ、どうやってシャアがダカールに行っていたのか?
あれって…地球での会議ですよね?たしか。
早いよなー。
あっちゅう間にマウアー死んじゃうし。その際に「言ったろう、守るって」みたいなTV版でお馴染みのセリフを言ってたのですが、多分劇場版では言っていないよ…ね?

レコアさんが、だんだんクワトロを見る目が冷めてきてます。まぁ、これはあからさまな演出だとは思うし、劇場版でもレコアの裏切りは間違いないと思うので、そういった目で見てしまうんですが。クワトロは決定的な溝を作ってしまったのですね。この辺は夫婦関係なんかで考えると、ソレはソレでリアルなんだろうな。男ってそういうのは気が付かないもんですよ。

シャアもシロッコもいわば「偶像(アイドル)」ですよね(戦ってもメチャクチャ強いけれど)。レコアの立場で考えれば、テレビの中にいるアイドル並にかっこよく有能な指導者か、近くにいる指導力もカリスマも実行力もあり近々絶対何か凄いことやりそうで、しかもチューもしてくれるいい男か…。どっちが魅力的?って話ですよね。
ありゃ、全然レコアの立場で考えてないし…。

で、この話題で、サラの登場ですが、サラは作戦から無事帰ったら、シロッコに「イイコ、イイコ」でもされていそうなくらい陶酔している感じですね。レコアもそれを羨ましく感じるんでしょうか。作戦を終えて帰還した際にシャアは「ナデ、ナデ」してくれないだろうなー。

サラの出演シーンは、ことのほか多いのですが、声優さんに所々違和感を感じてしまい、気が付いちゃうと何だかワシ照れくさくなっちゃうんですよね。悪いクセなんですが。だから、サラについての考察も、後で。

最後に、いよいよハマーンの登場です。
チョット変わった容姿のモビルスーツ「ガザC」の大群とともに登場。
アーガマのMSを整列させて、一人ずつ名を名乗らせ、あたかも顔をのぞき込むかのような仕草をする色違いのガザC。ハマーンカーンがどういう人物か知っているワシ等には、妙に怖いシーンに感じました。どんな感想じゃ?
設定に変更がなければハマーンカーンとシャアも元恋人みたいな立場と言えるのかな?そのシャアを迎えに来たハマーンカーン。……やっぱり何か怖い。

そして、「ZG2‐恋人たち‐」は終わりました。
勿論エンドロールは全部見て、その後の予告編にワクワクしましたよ。


さて、「ZG2‐恋人たち‐」を見た後の印象ですが、思っていた程度の展開の早さでしたが、思っていた以上に情報量が詰め込まれています。そんなの当たり前じゃないかと思うかも知れないですが、予想以上に変更されている部分を視聴者に想像させる要素が含まれていると思うのです。
やはり、これもDVD買わなければいけませんね。

あ、それと、ワシが一番感じたコト。「グリプス戦って、実質2~3週間くらいで終わっちゃうんじゃないの?」と勘違いしてしまうくらい早くないですか?Z2のラストの時点で、カミーユの両親が死んだのって、どの位前の出来事なんでしょうね?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2005/11/16(水) 19:54:54|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3
<<もったいない! G・S・Dの本当の最終回。 | ホーム | 映画館で「ZG2‐恋人たち‐」を観た。その2>>

コメント

TBアリガトうございますっ。

先日はTBしていただき、ありがとうございます。
TBなんてあまりされないので、ちょっとビックりしました(笑

と。マウアーですが、劇場版でも件の台詞は言ってたと思いますよ。
ハマーンはやっぱりキュベレイで来て欲しかったです…。
  1. 2005/11/17(木) 19:59:02 |
  2. URL |
  3. カセクシス #6x2ZnSGE
  4. [ 編集]

コメント有り難う御座います。
マウアー、言ってましたか。
Z2は、あの辺になるとスゴイスピードで展開していたのでうっかり聞き落としてしまったようですね。
  1. 2005/11/19(土) 12:53:04 |
  2. URL |
  3. ドロンパ国王 #RqWBMyRA
  4. [ 編集]

いいですね~

王様のZⅡの感想、とってもほんわかしてて良いです。
フォウが死んでから、バタバタって感じでしたが、ラストのつながる重要なところを見せたんだろうと期待してます。

ファとはキスのまねで終わったので、まだ恋人未満友達以上ってやつでは?
これからお互いの大切さに気が付くのかもしれないですね。
フォウが帰してくれたというのはなるほどです。
TV版の「レクリェーション、レクリェーション」みたいな醒めた言い方してないのが良いです。傷ついた心を癒す身近な大切な人、宇宙の片隅で数奇な運命で一瞬出会う人・・・なかなかそうは思えないけれど、前者なしにはなかなか人は生きていけないのだと痛感させられるファの存在感でした。
シャアはそれがわからないから、逆襲に向かい、アムロは野生の駄馬であるけど強いベルトーチカに支えられる生を生きることができたのかな。。。。
いや、シャアにとってララァがファやベルトーチカだったのかもしれませんね、
そして、ララァはたった一人の肉親アルテイシアの代償だったんですよね。。。。
色々過去の部分未来の部分、考えると切ないです。
  1. 2005/12/01(木) 17:24:52 |
  2. URL |
  3. ふざけおに #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyamodo.blog21.fc2.com/tb.php/33-790acdf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

青椒肉絲

今日は先週末に観てきた劇場版Zガンダムのことを少しだけ。ネタバレも含んでいますので、未見のかたは観た後でね。んでも、大まかなストーリーは変わらないんだけど…。初っぱな、ベルトーチカが複葉機でアウドムラへやって来ます。これをアムロのディアスが受け止めるので
  1. 2005/11/17(木) 19:55:49 |
  2. 〓 コキュートスの記憶 〓

プロフィール

ドロンパ国王

Author:ドロンパ国王

北海道に住む。見た目はリュウ・ホセイ、中身はランバ・ラル。リンク・TBも良ければお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。