軟弱モノ

ヘヘ。 手探り状態ってやつさ。 半舷上陸にかこつけて許可して下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハリーポッターと不死鳥の騎士団

個人的には面白かった。
でも、知り合いの人は重みが無いと感じた様だし、批評家の評判も芳しくない。まぁ、その意見も分からなくはないって感じです。
確かに、原作での「生と死」を大事に扱っていた部分は・・・皆無と云っていいほど表現されていなかった気がします。
あと原作での近親憎悪?を表現したくだりとかハリー以外の主要な子供達の深い部分?・・・上手く言えませんが、原作を読んでそういう部分に予想外の感銘を受けて『さて、映画ではどう表現してくれるのか』という期待を抱いていた方達には、ものすごくガッカリした人もいるのではないでしょうか。

ワシは、原作が持ちすぎていたハリーの失調感(?)が、さすがに辛かったので、今回の映画くらいが丁度楽しめたのだと思います。
さすがにエピソードをカットしすぎかなとも感じましたし、過去に原作を読んでいたからこそ分かるシーン(逆に読んでいなきゃ分からないのかな?的な)が、云われて見れば確かに多々ありますが、単なる娯楽映画として見れたのがホント幸いだったかな。

ワシには充分、面白かった。



でも、良く考えたら「不死鳥の騎士団」の部分がえらく薄いですね。
たった今気が付いた。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/23(金) 10:53:13|
  2. アニメ・特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<最近のガンダムと電気製品(?)のバランス。 | ホーム | ボージョレだね~。>>

コメント

買うの、忘れてた;

そういや、DVD発売になってたんですね。買うの忘れてた~。
何にせよ、あのボリュームを1本の映画にしちゃうんだから、省かれてもしょうがないですよね。
なまじ期待が大きいとがっかりしたり、期待してないと楽しめちゃうってパターンが
私の場合多いのですが、割り切ると映画は映画で楽しめます。

映画版は、実は二度目見た時は、シリウスの薄幸ぶりに泣けました。シリウスの家柄とジェームズとの出会い、シリウスの選択、、、シリウスの人生はこの作品を端的に象徴してる気がしました。
狂った価値観の家庭に育ったシリウスは、ジェームズと出会って自分の生き方を自分の思っている方向に踏み出すことが出来たというか。その後華やかな青春の光の中にあったシリウスですが、この二人には奢りがあって、その陰影にピーターやセブルスの劣等感、二人に入り込めないリーマスの孤独があるのが「不死鳥の騎士団」の原作には巧妙に盛り込まれているんですが・・・
人間ってのは血筋や育った家庭環境だけで決まるものではなく、より良くあろうとする自分の決意とそんな自分を支えてくれる周囲の影響や教育によって変わるんだということですね。多分それはセブルスも同じでしょう。
子供にとって良いとは思えない家庭環境で育ったハリーですが、叔母夫妻に愛されたダドリーよりもまともな感覚が育ったあたりは、シリウスに近いものがあります。結果的にハリーは、育ちの良いと思われるジェームズの欠点を補える力を持ったのかもしれないです。そこはダンブルドアの予想を越えてたっぽいですよね。
セブルスから見ればジェームズは傲慢だったわけで、「不死鳥の騎士団」でもハリーは全て自分がわかっているつもりで背負い込んで、周囲の大人を信頼しきれていないゆえに起きた悲劇だったので、それが親譲りの奢りと言えばそうなのですが。
それを若いうちに顧みて修正するチャンスがハリーのはあったのが、ジェームズとの違いなのかなあとか、考えてます。
作品読み直して、分霊箱の残り数えながら、残った謎の一つにシリウスの鏡が気になってたんですが、何か伏線になってるかも。そうでないと変だよね、あの終わり方。
映画で鏡を描かなくて良かったんだろうか?と思いませんでした?

実は英語版少しずつ、読み進めてるんですが、まだ二章途中です;七月の発売までに終わらないかも。なかなか時間ないんですよ~。といいつつ、桃鉄やりまくってますが・・

久々にネットしてついつい長カキコしてしまいました~(汗)いかん!子供を塾に送っていく時間です~;
  1. 2007/12/28(金) 10:10:11 |
  2. URL |
  3. おに #mQop/nM.
  4. [ 編集]

あぁ、又お返事までに時間がかかってしまった

既に気ぜわしいです。
スイマセン。

連絡(年賀等)を出そうと思いつつ・・・実は、また新住所を・・・・ロスト・・・。
スイマセン、スイマセン。
一時期、持ち歩いていたのですが、
その時に変なところに片付けてしまったらしいのです。

折をみてメール下さい。

だまって妻に預けておけば良かった。
ワシのバカバカ、おバカ!

と、言うわけで、ケロロがどっさり溜まってます。
  1. 2008/01/06(日) 14:27:12 |
  2. URL |
  3. ドロンパ国王 #RqWBMyRA
  4. [ 編集]

メールしますね。

明けましておめでとうございます。
なんだかわけわかんないレスつけてしまってすみません。
それとこちらも住所録の一部を前の家に置いたまま年末年始過ごし、
珍しく大掃除したら、結構いろいろな物の紛失に悩まされてます。
整理整頓が苦手なんです~。

ケロロ、楽しみにしております。
今年もよろしくお願いします。
  1. 2008/01/08(火) 09:30:07 |
  2. URL |
  3. おに #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyamodo.blog21.fc2.com/tb.php/164-70aa215b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドロンパ国王

Author:ドロンパ国王

北海道に住む。見た目はリュウ・ホセイ、中身はランバ・ラル。リンク・TBも良ければお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。