軟弱モノ

ヘヘ。 手探り状態ってやつさ。 半舷上陸にかこつけて許可して下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

焼酎には気を付けなければ。

今年の夏は暑かった。
おかげでビール(発泡酒、他)の消費量がかなり多かった。最近は探せば1本あたり100円くらいでビールっぽいモノにありつけるのでサイフには優しい気がするが、実は安くなった分だけ余計に呑むだけなので、ぜんぜん節約にならない。
それどころか、体重増加に拍車をかけた。
お陰様で、たぶんワシは、今ハヤリの「メタボリック(症候群)」に違いない。

ワシが一番好きなのは、ビール(っぽいもの)だ。
ビールの冷えた感じと、シュワッとくる苦味が堪らない。缶に口を付けたときのヒヤッと感も好き。
あと、ホロ酔いの感覚が大好きだ。
特に夏は、ホロ酔い状態で窓から入ってくる風に「ちっとも涼しくねーな(笑)」って愚痴る感じが超好きだ。

3年くらい前から「日本酒もうまいなー」とか思うようになったんだけど、どうやらワシの呑み方は日本酒を呑ませるにはもったいないタイプのようだ。
なんつーか、ガブガブ呑む。
酔いたくて呑んでしまうタイプに変わってしまうみたい。
うん、確かにこれはもったいないタイプだ。こんなヤツには料理用酒でも呑ませておけばよい。・・・・・・一時期呑んでました。ちょっと甘すぎましたね。

今年は、ちょっと変わったお酒にも出会った。

トルコのお酒の「YENI-RAKI」というお酒。友達の旦那様から頂いたのですが、最初のうちは全然飲めなくて・・・。見た目は面白いのですが(ロックなど冷やすと透明なお酒が白く濁るのだ)、モノ凄くクセがあり、どちらかというと「うぇ~!」な感じなのです。歯磨き粉みたいな味。
せっかく頂いたお酒なので、何か美味しい呑み方は無いものかと、いろいろ割ってみたり、薄くしてみたり、試行錯誤しましたが、どんな割方をしてもクセがでちゃう。
ほとほと困って、ちびちびとロックでやってました。
するとどうでしょう、だんだん慣れてきて、今度は慣れてしまうとやめられないのよ。
無くなる直前は、もうもったいなくて、もったいなくて。
「YENI-RAKI」、軽くオススメしますよ。言っておきますが、絶対飲んだこと無いタイプの味のお酒です。

あと、ジンも飲みました。
イメージしていた味と違い、とても美味しかった。
なんとなく「単にアルコールが強い酒」というイメージだったのですが、美味しかった。ロックで味わわせていただきました。
これも、前述の「YENI-RAKI」をくれた方に教えていただいたのです。今年の夏は、友達の旦那さんのおかげで、新しい味に出会えました。




ところで。
ワシはビールだけで酔おうとすると、たぶん500ml缶で3~4本は空けなければホロッと酔ってこないのが難点だ。
酒(酔い)に対しては効率が悪い体であるのだ。

そこで登場するのが焼酎。
と言っても、昨今のブームの中で、良く聞く「芋」「米」「そば」といった乙類焼酎や「泡盛」などはワシに呑ませるには日本酒同様もったいない。
甲類焼酎の一番安い部類の焼酎が狙い目。
愛飲しているのは、20度4Lで約1,400円の『好きやねん』という銘柄。
20度ということもあり、ロックで充分いけます。が、若干作り物っぽい味(?)がするので、グレープフルーツジュースでチョロンと割ってやります。

しかし、この焼酎ってのは注意が必要ですね。
何と言いましょうか、急に酔っ払ってしまいます。
最初の4~5杯までは、ビールを飲んでいるときのようなホロ酔い感を味わえるのですが、気が付くと深く酔っている。ハッと気付けばゲームのコントローラーを握ったまま茶の間で寝ていた・・・時計を見るとアラ?午前2時じゃないか。おかしい、さっきまで午後10時30分くらいだったのに。という事がよくある。

「焼酎は、急にくる」
これが、ワシらの間での最近の合い言葉だ。

そんなワシに一番効率がよいのが、ビールの焼酎割り。
最近の第3ビールは、こういう使い方をしてもあまり味に変化がないので、充分ビール感も堪能できる。
おまけに、かなり早くホロ酔いになれるのだ。

ただし、コレにも危険は伴う。
一気に酔いがくる。
チョットやめるタイミングを誤ると、すぐ酔いつぶれる。
たぶん、350ml缶で1.5本くらいが適量。



昨今、飲酒運転が問題視されているが、酒に強い人ほど「酔っていないから大丈夫」という衝動がおさえきれないのでしょうね。
それと、景気の悪さ。
飲酒運転者をかばう訳じゃありませんよ。
ですが、今や公務員も給料を減らされる時代。
ビール大好き→→→しょうがないから焼酎で・・・って人も増えたのでしょう。
もし、今まで、ビールをしこたま呑んで運転しても大丈夫だった感覚を持っている人がいるとしたならば、突然酔いが回る焼酎では、その考えは当てはまらない。と、ワシは思う。

そう言う意味でも、焼酎に切り替えた人は十分注意しなければいけないのじゃないだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/19(火) 18:13:05|
  2. 食べ物・お酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今度は曽我部さんがお亡くなりになった・・・。 | ホーム | キャラの声が頭の中で固定する。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyamodo.blog21.fc2.com/tb.php/125-15b1a449
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドロンパ国王

Author:ドロンパ国王

北海道に住む。見た目はリュウ・ホセイ、中身はランバ・ラル。リンク・TBも良ければお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。