軟弱モノ

ヘヘ。 手探り状態ってやつさ。 半舷上陸にかこつけて許可して下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャラの声が頭の中で固定する。

今回のZ3「星の鼓動は愛」を見ていて気になるのは、ハマーンの声がよりハマーンぽく、ヤザンの声がヤザンっぽく、レコアの声がよりレコアっぽく、エマの声がよりエマっぽく聞こえるのがすごく嬉しかった。
ただ、コレには正反対の意見も絶対有ると思うけれど、ワシはそう思ったからこう書いてみた。

宮崎監督が嫌うモノの中に、声優が持っている別キャラクターのイメージってのが有るのは見え見えだ。
パズーを見るとクリリンに、シータを見るとかぼちゃワインのエルかNHKのピッコロに聞こえてしまう・・・というか、その事で楽しんでしまうアニメファンの性質が嫌いなのでしょう。
確かにワシ等は、特定の声優さんの声を聞くと『あぁ、●●さん(キャラ名)の声だ』と想像してしまいます。そしてそれを楽しむ場合も多々ある。逆に楽しめない場合もありますが。

それが、今回のZ3では、そういう面でも結構感激を感じる域に達してした(個人的見解)。

確かにTV版の時点でもそれぞれのキャラに合った声だった(それはサラやフォウにも言えるんだけど、それはコッチに置いておいて)。だから、その後に出た作品(アニメに限らず)で榊原さんや大塚さんの声を聞くにつれ『お!ハマーン様だ』とか『渋カッコイイ!さすが大塚さん。ヤザンだよね』とか。
でも、コレには弊害もあって、20年たった今でも現役で、個性的な良い声を聞き続けていると、当然、今現在の芸風・・・というか深さ?が、心地よくなっているじゃない。

・・・聞くまで心配でしょうがないって訳ではないのですが、聞いた瞬間に脳内のイメージとのギャップに落胆しないかが心配だったのです。実際Z1の時のシロッコの老け声にはビックリしてしまいましたし(Z2ではハリっとして来ていた)。
ですが、Z3を見てビックリ。
声に違和感を感じぬまま最後まで観てしまいました。良いことなのか悪いことなのかは別にして、しっかりと演じてくれていて「そうそう、この声がハマーンだ。ヤザンだ」という感激。っていうか、没頭しまくり。

むしろ、Z3を観た後にTV版を見ると、ハマーン、ヤザン、エマが『あれ?こんな感じだっけ?』という感覚を味わうかも知れません(ワシがそうでした)。
スポンサーサイト

テーマ:ヲタクのメモ - ジャンル:日記

  1. 2006/09/13(水) 18:44:00|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<焼酎には気を付けなければ。 | ホーム | ワシの心の中的な名言。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyamodo.blog21.fc2.com/tb.php/124-a7252919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドロンパ国王

Author:ドロンパ国王

北海道に住む。見た目はリュウ・ホセイ、中身はランバ・ラル。リンク・TBも良ければお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。