軟弱モノ

ヘヘ。 手探り状態ってやつさ。 半舷上陸にかこつけて許可して下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

失敗したかなーと思うとき。

最近はネットで評判のモノを買うと失敗が多い。
漫画の失敗が多い。いや、失敗って言っちゃうと「その漫画が面白くない」と聞こえるかも知れないが、この場合は「ワシには合わなかっただけ」と判断しておこう。

もちろん【アタリ】を見つけることも多々ある。
『あずまんが大王』はネットで評判を見知ってから買いに走ってたら本当に面白かった。しかも、作品自体の終わり方もとても潔く、引き際の見事さに感服した。4巻以上でも以下でもダメだと思います。
こういう【アタリ】を一度でも引き当てると、やめられなくなるのはギャンブルと似ている。

最近でも月に5~8タイトルは目を付けて、しばらくネットの評判を観察して、最終的には2ヶ月に2~5タイトルは購入する。それでも「ワシにはあわない作品」を買っちゃうコトが増えてきた。

ワシが失敗している漫画には「第2のあずまが大王」と評された作品が多い。もちろん評を下しているのは素人(ワシと同じ一般購入者)が多いので、感性は個体差があるのに信じるワシがマヌケなだけなんです。
絵柄の個性やタッチなどは、ストーリーに没頭してしまえば段々気にならなくなるモノなのですが、最近は絵の持つ個性以上のストーリー展開がない作品を掴んでしまう。
「絵に萌える」とかって評には同感を得ないことが多いので、気を付けているんですが…。あと年齢の違いを感じる。
そもそも「萌え絵」が嫌いなわけではない。むしろ好きだ。でもワシの「萌え絵」の原点は「内山亜紀」だったり「吾妻ひでお」だったりするわけだ。いのまたむつみ画のプラレス三四郎(アニメ)、さすがの猿飛(アニメ)にドキドキして、安彦良和さんのアルフィンにハァハァして、ミンキーモモで目眩がしてしまった時代のオジさんさ。

ほら。ちょっとしたジェネレーションギャップじゃないか。

これじゃあ、最近の「萌え絵」にはついていけない部分も多いわけだ。

書店でビニールを被っていたり、あまりにも多い新刊・新作をチョイスするにあたり、ネットでの評判を確認してから買うことが多くなるのは当たり前だと思う。
そんな中「BLOOD-ALONE」は今時の萌え絵系だがアタリだった、ホクホク。「おおきく振りかぶって」も妻や妻の友達にウケが良い。
なんだ、意外とアタリも多いじゃないか。

よく考えたら、昔は「知ってる作品。好きな作品」を買うのが普通だったのに、今はそれだけじゃ物足りなくなって「未だ見ぬ名作」を探すのだから【アタリ】【ハズレ】があるのは当たり前か。
なーんだ。


最後に……ちょっとした騒ぎになった「みかにハラスメント」は………定価で買えるまで我慢しても良かったよ…見事に踊らされたぜ(最近一番の失敗…)。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/09(金) 13:10:35|
  2. 身近なこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<裏切り。 | ホーム | 北海道と台風。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyamodo.blog21.fc2.com/tb.php/11-186ef96f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドロンパ国王

Author:ドロンパ国王

北海道に住む。見た目はリュウ・ホセイ、中身はランバ・ラル。リンク・TBも良ければお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。