軟弱モノ

ヘヘ。 手探り状態ってやつさ。 半舷上陸にかこつけて許可して下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジブリ作品と言えば良いのか、宮崎作品と言えば良いのか。

それとも「てれこむ」作品と言えばいいのか、ワシは宮崎作品・・・というか、それに群がる有名人やナンヤカヤが好きじゃなかったのです。
実はいまだに「未来少年コナン」「となりのトトロ」の面白さが全然解らないし、「魔女の宅急便」の良さもイマイチ掴んでない。
「もののけ姫」はレンタルになってから30回くらい見たのですが見れば見るほど苦手になっていきましたし、今となっては酔った状態で妻と「もののけ姫」の話をすると「もののけ姫」好きな妻と口論になるくらい苦手になりました。最初の10回くらいは家族みんなで見ていたんですがね(たぶん「もののけ姫」はワシのように何度も繰り返してみる作品じゃなかったってコトだと思っています。だんだん鬱陶しくなってくる感じでスカッと出来ない←あくまで個人的感想ですよ)。

とは言っても、それ以外の“宮崎作品”でも「ホームズ(映画)」「カリオストロ」「ナウシカ」「ラピュタ」「紅の豚」「千と千尋」「ハウル」あたりは、どちらかというと“大好き”と言って良いくらいだったりするので、困るんです。
中でも「ハウル」は、たぶん劇中で全てをセリフで説明しきっていない分(おそらく故意)、どんどん好きになっていきますね。自分でも意外でした。


“ジブリ作品”というカテゴリーで言うなら、「海がきこえる」「猫の恩返し」も好きです。もっとも、それ意外は大した好きじゃない。「ポンポコ」「思い出ぽろぽろ」あと、えーと・・・「猫の恩返し」の元っていうか、バロンの出てくるヤツはまだ見たことも無いし、見る原動力が湧かないのですが。

あー・・・そういえば、そろそろ「火垂るの墓」の時期ですね。これも苦手なんだよなー。最初見たときはビックリしたし傑作だと思ったんですが、どうにもこうにも節子がかわいそうでね・・・あと残される家族も。
「見ていられない」っていうのが正直な感想です。
映画(作品)を見て、毎年、こんなにズーンとこなきゃいけないモノなのでしょうか?
いや、色々な意味で、ズーンと思うことも、ズーンと感じることも、ズーンと考えることも、教育的な部分からしても大切なことだとは思うのですが、同じものを放送するのでも4年に1回くらいで良いと思います。慣れちゃダメな事ですし、間に提供が入ったりするなれ合いも・・・なんだか違う気がします。

小学校の中~高学年くらいになったら道徳の時間を使って見せるとかでも良いのかな?と思うんだけど、きっとそれはそれで色々な面でダメなんだろうなー。刷り込みっぽいし。第一、戦時中のダメな政治(?)部分がそんなに描かれていなかった気がする。「戦争はダメ」「戦争は哀しい」「兄妹が可哀想」という部分だけ強調されている気がしてしょうがない。


さて、今日のワシは、一体何を書きたかったのか見失ってしまった。たぶん「ナルニアの出だしとハウルの中盤の戦争のシーンが個人的にカブる」ってなことを書きたかったんじゃないかな?

自分でも良く解らないけど、そんな感じ。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2006/07/27(木) 12:51:48|
  2. アニメ・特撮
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<あーーー!・・・出費が・・・。 | ホーム | 地上波デジタル放送。>>

コメント

うーん

うちの旦那もジブリもの大嫌いなんですよね。
ちゃんと見たこともないとか言って。金曜ロードショー見ようとすると一悶着あります(笑
私はちっさい頃から見いてた(見させられた?)ので、どれも大好きなんですが。
こないだのトトロも意味ない所で号泣(^_^;)
森や小路の絵とか音楽だけでウルウルします。
神社の匂いとか土の上を走るのとか、小さな頃の記憶とリンクしてしまいます。
多分その当時の家族で見てた幸せな頃を思い出すんだと。
「刷り込み」もあるかもしれないですね。

ドロンパさんはゲド見に行かれますか??
感想伺いたいです。
私は、多分空いてきたら行くつもりですが、原作ファンなのであてにならんと思います…
  1. 2006/07/30(日) 14:28:13 |
  2. URL |
  3. 芹沢まきび #-
  4. [ 編集]

ゲド戦記

おはこんばんちは。

先日「千と千尋の?煤vだかって本を図書館から借りてきまして、それを読んでみたら、何となく自分の感じていたジブリ作品の違和感を補完することが出来ました。

その中に、となりのトトロの事も書いて有り、見る側の共感を覚える要素もチョロンと載っていまして、確かに郷愁を喚起する時代設定ではあるようでした。・・・ただし、戦後間もなくの時代だそうです。
ですが、昔トトロを家族で見た思い出を思い出すというのも有りなんでしょうね。大有りだと、今、思いました。
そうか。そういう思い出も有りですね。

>ゲド
ワシ、原作は全く読んでないし、ネットでの評判を見て躊躇していたのですが、TB先の“ふざけおにさん”の感想を見て急に見てみたくなりました。チャンスが有ればもしかしたら・・・。映画館から頂いた無料チケットが1回分有ることですし。
  1. 2006/07/31(月) 09:46:49 |
  2. URL |
  3. ドロンパ国王 #RqWBMyRA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyamodo.blog21.fc2.com/tb.php/104-d74ad894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「ゲド戦記」試写会鑑賞日記★★★★☆  

~生命の営みを絶つ者は、生きることの重みを恐れる者。不死に拘る者は、限りある大切な時を死に委ねて生を葬っている亡者。~初めてまともな試写会当たりました!ジブリ最新作、「ゲド戦記」。1号は大の原作フ
  1. 2006/07/28(金) 19:58:09 |
  2. ログハウス

プロフィール

ドロンパ国王

Author:ドロンパ国王

北海道に住む。見た目はリュウ・ホセイ、中身はランバ・ラル。リンク・TBも良ければお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。