軟弱モノ

ヘヘ。 手探り状態ってやつさ。 半舷上陸にかこつけて許可して下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PS3は巨神兵。

「早すぎたんだ」
「腐ってやがる・・・」

どうにも、このセリフを思い出してしまいます。



ワシはアンチソニーじゃないんです。
(もちろんアンソニーでもない。・・・・つまんないシャレ・・・)

高校の修学旅行では初秋葉原で買ったものがSONYのウォークマン。
一人暮らしを始めて、バイトで買ったのはSONYのTV。
しばらくして買ったSONYのビデオデッキ。
ウラワザ用にSONYの8mmビデオの据え置きデッキも現役。
今まで買ったハンディビデオカムは2台ともSONYの8mmビデオ。
たまに引っぱり出して使っているCDラジカセはSONYの首振るヤツ。
今使っているワイドTVは14年前に買ったSONY製のTV(一度も故障無し)。
今使っているスゴ録は出てすぐ買った初代160Gバイトモデル(一度も故障無し)。
今プレイしているのは、ドラクエ8を35000番台のシルバーモデルのPS2で。
この4月に衝動買いしたノートパソコンはVAIO。

ほら、こんなにSONY好き。

でもPS-Xはスルー、PSPもパス、
でPS3は・・・・手が届かないってのも有るけれど・・・。

ちょっと、まだ。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/20(月) 19:04:06|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1

ボージョレ・ヌーヴォー。

今年は、ほんのちょっとだけ贅沢して、2100円くらいのものを1本買いました(例年1800~2000円弱)。
ルイテットのボージョレ・ヌーヴォー〈750ml〉です。

正直、ワインの善し悪しが分かるわけではないし、実は白ワイン…しかも甘口が好きなので、ボージョレの本当の楽しみ方は分かっていません。
昨年は「白ワインならもう少し楽しめるかも」と思い、白をチョイスしましたが、結局口にあった感じがしなかったので(全部飲んだけど)、もう今年は自分の嗜好はコッチに置いておいて、あるがままを感じようと思い選択しました。

値段も手頃、ひいきの酒店でも「オススメ」ってなっているので、たぶん普通に楽しめると思い予約しました。

で、昨晩、早速飲んだのですが、思った通り普通でした。

ただ、例年より期待をしていなかったせいだと思うのですが、いつもの年よりも『あーこれがボージョレなんだ』という、まったり感(?)が味わえました。
過度の期待はイカンものなのですね。

さて、ボージョレと一緒にワインに合うおつまみ等を買うのも「おつなもの」らしいので、安めのものをチョビット買ってきました。家にも買い置きがあるというので、本当に安いチーズ(160円)を1つ。
それと、今年は、「トマテーナ&グリッシーニ」というおつまみを買ってきたのですが、これが大ヒット。
スゴく美味しい!!
730円したけど、とても旨い!
「つけチョコ・ヤンヤン」みたいなビスケットと、軽く渇いたドライトマトとバジル等の香辛料で味付けされている具(?)が別々の容器に入っていて、ビスケットにその具を付けて食べるのよ。当たり前ですがセットで売っているんです。

強引に似た味を探すならば・・・トマトプリッツ?
あの塩っぽい結晶の味の部分が、半生なの。そんな感じ。
ベルギー産のおつまみのようですね。

コレは、今年のボージョレイベントにおける、我が家の大発見でしたね。
  1. 2006/11/17(金) 18:13:26|
  2. 食べ物・お酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

PS3とWiiとX-Box360と。

予想通りのPS3の状況(数不足、見切り発車感、初期不良の恐怖ゆえの買い控え)と、逆にPS3への「?」感情から急速に期待感が高まってしまったWii。

でも、Wiiにだって不安は充分ある。

たしかに、DSによって「ゲームゲームしたゲーム」じゃなく「コレってゲーム?」的なジャンルを勝ち取り、Wiiでも、又何か新しい遊び発見(再見)できそうな予感をさせるムード。しかもCMもノリにノッテいる感じがバシバシ伝わってくる。

ワシが不安なのは、ワシも遊べるのか、だ。

Wiiリモコンとヌンチャクと呼ばれるリモコンを使ってプレイしている姿は、あまりにも健康的だ。
全部が「パーティーゲーム」のような印象を受けるし、「ピカチュウ元気でちゅう」をプレイした時のようなこっぱずかしさを払拭してプレイできるのか?も不安。そんな想像をする。
特にワシのように「ガンダム」系のゲームを愛好している者にはリモコンを振り回してスポーツをして汗だくになる。そんな自分の姿が、あまり想像できなかったりする。

ゲームの中で自分に挑戦するって状況もあるんだもん。それは、その壁を越える瞬間に誰かに褒めて欲しい訳じゃなくて、自分で自分を褒めてあげたくなるだけなのよ。オリンピックで有森さんが言った台詞のインナースペース版だな。

とにかく。
Wiiにも普通のコントラーモードもあってくれと切に願う。でなきゃ「X-Box360のほうが良い」と言ってしまう日が来るような気がする今日この頃。


ま、しばらくは、どれも買えないけどね。

なんてったってワシは、1500万の男なんだから。

すげー、こういう言い方すると600万ドルの男みたいだ。

(ワシのは改造人間の費用じゃなく、借金の額ね。) [PS3とWiiとX-Box360と。]の続きを読む
  1. 2006/11/15(水) 17:55:03|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何故か消されたワシのAmazonレビュー。

「星の鼓動は愛」が発売された後、
ワシはこんなレビューを投稿した。

が、半月ほどで消されてしまった。

一体どこが悪かったのだろう?
小学生の作文みたいで、ワシ自身はけっこう気に入っている。

---------
DVDが発売されたからやっと言える。
私はこの劇場版のラストで満足だ。
だから劇場に足を運んだ上で、納得してこの「星の鼓動は愛」を購入した。

カミーユには、逃げずに自分が殺してきた兵士の事をファと共に見つめ直して、ニュータイプの未来を築いていって欲しいものだ。・・・まぁ、この後「逆襲のシャア」は確立してしまった訳だから、そういう未来になるとしても「逆シャア」以降の話になるのでしょうが。

TV版Zの暗いキャラクター達は見ていて滅入ったものでした。近年DVDになった物を改めて最後まで通してみても、みんなグジグジしていて、やっぱり暗い作品だと思いました。
もちろん、戦争を描くときにはTV版のキャラクターのようにいつでも悩んで、怒って、終戦の先にも未来が見えない中で、年中ヒステリックに表現する方がリアルなんでしょうし、放送当時は、その難解な勢力図とストーリーに惹かれもしましたが、見ながら眉間にギュッと力を込めながら見なければ行けない作品など、正直なトコロ疲れるだけだった。
しかも最終回は主人公が精神的に参ってしまうという衝撃的だが逃げの発想のオチ。何のために見続けてきたのだろうと云う虚脱感を感じた。バトンタッチとしか思えなかったZZのジュドーはマジメには見られなかった。

Zの話題として、よく比較の話題に上る「ダカールの演説」だって、演説としては決して優れているわけじゃないと、個人的には思っているし、キャラクターの持つ色気と謎めいた個性が、悪く言うと商業主義的に目だったフォウ・ムラサメの地上編での再登場等、TV版には個人的にも好きな展開ではではあったが(実はフォウのファンだ)、だからといってTV版の描かれ方が優れていたとは、私には何十年たっても思えない。

むしろ、カミーユとファの未来を感じさせる劇場版のほうが、今、一所懸命、家族のために働いている私には、改めて力をもらった気がします。

このDVDを購入するか悩んでいる方に、私の意見は参考にならないかも知れないけれど、こういう見方をしたファンも居ると云うことを伝えたかった。
そして、レンタルでは見られないのかもしれないけれど、特典ディスクのスタッフ達と監督、ガクトの話を聞くと、噂に聞いていた対立などは、物を作る上での大事なレクリエーションだったのではないかと思ってしまう。
特典ディスクを見る前には星4だったけど、見た後の今は星5つだ。


--------

ね。ちょっと恥ずかしいでしょ?
  1. 2006/11/14(火) 12:04:28|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今のご時世。

ワシが、こうして普通に暮らせるのも、
「高校の時にイジメられていた同級生が自殺しなかったからだ」
と言えるのかも知れない。

ワシは(ワシ等は)、高校時代、
イジメられやすいポジションにいた。
趣味等が男子校(工業高校)という場所に通うには、
ちょっと場違いな感じだったのだ。

今なら「オタク」、昔は「ネクラ」と呼ばれる属性だ。
(たいていは、スポーツも出来なく対抗モノでは足を引っ張る)

同じクラス、同じ学年に、似たようなスペックの少年たちがいて、
バンカラな校風故に、こじんまりとしたグループが出来て、
ほそぼそと日々を過ごしていた。

幸い、ワシは、イジメがいがなかったからなのか、
かまいたくもないくらい気持ち悪いと思われていたのか、
存在自体に余りにも害が無いからなのか、よく分からないけど、
イジメられるグループ内に所属していながらも、
一切イジメられる事がなかった。
(むしろ、可愛がられて(?)いる雰囲気も感じるほどに)


でも、同じ様なグループの中に、
メチャクチャイジメられているヤツがいた。
卒業前に彼は退学して、確か自衛隊に入った(と記憶している)。

彼は、小柄で、すばしっこく、タフだった。
(イメージ的には出川哲郎・・・)

ワシらには、とても止められないぐらいのイジメられ方だった。
そして、↑この「止めていない」という事実は、
今思い出しても、とても悔しい。そして恥ずかしい。

もし、彼が、今の時代の少年ならば、
もしかしたら・・・・・。いや、多分・・・・。

幸い彼は、精神的に優位に立っていたから、自殺しなかった。
だから、その時イジメを目撃していたワシ(ワシ等)も、
当時、執拗にイジメをしていた皆も普通に生きていられる。

まだ、その頃は、
「死んでみせても、仕返しなどには全然ならないのだ」
という事だけは、
曖昧だが、分かっている時代ではあった。

と思いたい。

[今のご時世。]の続きを読む
  1. 2006/11/13(月) 17:52:13|
  2. TV・ラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あー、エロオヤジだ。

トップ2のノノ役のカワイらしー声のかた「福井裕佳梨」さんて、
見た目もメチャクチャ可愛い。
今写真を見てびっくりした。

11/11に札幌に来るのか?マジか?
行けないけど。



あと、ポッキーのCMの娘も可愛い。
あのどうでも良い踊りも良い。



あと、おはスタの女の子達も以外と可愛い。
・・・これはマズイな。年代が娘と変わりないもの。



一般的にはヤバイぞ、この感情は。
  1. 2006/11/09(木) 12:30:29|
  2. TV・ラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MNP…携帯電話 番号 ポータビリティ。

Mobile Number Portability

聞くところによると「D」→「A」の動きが激しいようだ。

これは、サービス云々ではなく、「A」の大株主「トヨ●」(自動車会社)の号令によるところが大きい、とまことしやかなウワサ話(愚痴?)を聞いた。

ということで「ト●タ」の社員やら営業さんやらが大きく動いたらしい。
あれだけの大企業の「●ヨタ」の、それも営業さんレベルが替えたのならば、昨今のニュースでの「A社は10万代増えた」とかって報道にも納得できる。
たしかにデザイン的な面で見ると「D」よりも「A」のほうが面白いし、電波的な面でも割り当て域(?)でうまいことやった「A」のほうが良いらしい。
でも、『そんなに、人が動くとは、意外だ』と思っていたワシは、その理由が「●ヨ●」だと聞いて、納得した。

まぁ、あくまで、個人レベルの愚痴・・・じゃなくウワサ話である。

「S」?
昨日、mixiの日記にも書いたけど、あんな卑怯な手を使う会社は個人的にキライだ。
(関係者が見ていたら、大変申し訳ない)

テーマ:どうでもいいけど - ジャンル:日記

  1. 2006/11/02(木) 17:45:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ドロンパ国王

Author:ドロンパ国王

北海道に住む。見た目はリュウ・ホセイ、中身はランバ・ラル。リンク・TBも良ければお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。