軟弱モノ

ヘヘ。 手探り状態ってやつさ。 半舷上陸にかこつけて許可して下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中毒なんじゃないのか。

例えばマンガの単行本。
「あ!コレ面白い」と思ってしまったら、続けざまに2~5回は読んでしまうのがワシの読み方。連続して読んでしまう。

たとえば「おおきく振りかぶって」の6巻を買ってきたならば、前の巻を読み返すことは、はじめはやらない。
まずその6巻を続けて2回くらい読む。
ただし、次に読みたい人が(たとえば妻)待っていたなら、1回読んだら回す。で、その人が読み終えたらもう1回読む。
前巻からのつながりは、ほとんど忘れないのだけれど「つながり的にはどんな感じだろうか?」と、さらに5巻からもう1度読む。
それで納得したら、ついでに(時間が許す場合は)1巻から6巻まで通してまた読む。
コレがワシの読み方。

さすがに巻数が10巻以上になると、1巻からの通し読みの部分がきついので、省くこともあるけど。


次にTVアニメや映画。
マンガと同様に気に入ったオンエアがあった場合も、繰り返し見るクセがある。週間物ならば、次の週のオンエアまでに多いときで10回くらいは見るんじゃないだろうか?

[中毒なんじゃないのか。]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2006/05/31(水) 12:08:49|
  2. 本・小説・マンガ・映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

出血。

ワシは男だ。
しかしながら、トイレの後、ペーパーに血が付きギョッとすることが年に数度ある。

昨夜も帰宅後、食事をし「さて風呂に入る前にウンコでもするか」と気張ったところ、便意は十分あるのにウンコが出てこない。久しぶりの硬度です。
オナラをするときのパワーが1だとすると、昨晩の気張りパワー80%UPの力(リキ)をいれた。
少し前までは、無音で気張れたのだが、最近は何故か「ん゛ーーーーーーーー」と小さな声が鼻と口の間から漏れる。これは多分風邪気味のせいだと思う。

実は、途中で郵便屋さんが来てピンポンピンポンならすので相手をしたら(妻子は入浴中)一旦集中力が霧散してしまった。今日はもうダメだ・・・とあきらめかけた。が、何しろ中途半端に力んだもんだから、肛門がすっかりその気になったまま。

しょうがないから再度挑戦。

それはもうスーパーサイヤ人くらいにはなれそうなくらい踏ん張ったところで、やっと「ポチャリ・・・・ポチャ」って感じで悲願のウンコが出た。
[出血。]の続きを読む

テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/30(火) 12:39:29|
  2. 身近なこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

買って損をする気持ち。1

現代人の大半は買い物をする。
ワシもする。
個人的にもするし、家族的にもする。

ワシ個人の小遣いの手取り(?)が少ないせいか、ワシはけっこうケチである。この事実を前提にして以下の文章は読んで欲しい。

今、少年週刊誌は250円時代に突入した。
250円というと、ワシのこづ・・・・・・ごほん、いや、大体中学生の1ヶ月の小遣い(想像値)の10分の1だ。
そうなると、たかが週刊誌でも買うのは勇気がいる。
「本当に250円もの大金出して買っても良いのか?」と脳内会議をする。

250円とも成れば、既に平均時給の約3分の1です。いつの間に少年週刊誌は高給取りしか気楽に読めない値段になってしまったのでしょう。
『(惰性で)買ったは良いけど、気が付いたら意外と読んでるマンガが少ないよな』と気が付いたときに、チョッピリ寂しさを覚えつつ買うのをやめるのが大人です。

大人が週刊少年誌をいつまで購読して良いのかは永遠のテーマかも知れません。

[買って損をする気持ち。1]の続きを読む

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/29(月) 12:10:58|
  2. 本・小説・マンガ・映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ハレ晴レユカイ」。

・・・・・・買っちゃった。
別に、踊りたくて買った訳じゃないですから。

元気が欲しかったんです。
案の定、元気になれます。
聞きながら仕事頑張ります。


フルコーラス聞いた感想。
ハルヒの部分はTVでも存分に聴けますよね。あのままです。ほんのチョットだけ鼻にかかった歌声がドリンク剤1本分の元気が出る気がします。
意外なのが長門さん。TVバージョンでは確認しにくいのですが元気に歌ってます。有る意味感動。キュンと来る。この長門さんパートがタップリ聴けるだけで元は取れる気がします。ドリンク剤3本分は元気が出ます。
朝比奈さんは、TVバージョンでも片鱗を伺えますが、かわいく外れてます。ドリンク剤では得られない心地よい脱力感が味わえます。

と言うわけで1曲目をヘビーローテーションです。
ガンバルズォー!!!
  1. 2006/05/28(日) 08:30:40|
  2. アニメ・特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラジオとか。2

ラジオとか。2

ワシは、若い頃(受験っぽい事をする時期の意)同世代に比べて深夜ラジオを「聞いていなかった」人種だ。そういえば中学生、高校生の時分によく友達が「ツルコーがどうした」とか「何曜日は誰々だ」とかの話題にはいっさい付いていけなかった。全然気にしてなかったけど。
たぶん、ワシは全国的な話題や情報には興味がなかったから、なおさら聞かなくても問題なかったんじゃないかな?
北海道の田舎に住んでいるのに、東京などの都会のコンサート情報も意味ナイだろうって感じ。かな。
一般大衆、全国版にはトコトン興味がなかった。

そんな少年時代でも、アニメ業界の話題探しにはラジオも活用した記憶がある。いまでも良く覚えているのは島津冴子さんと田中真弓さんのアニメトピア(たしか2代目。3代目も聞いていた)と、数十年変わらぬ甘ったるいボイスの小森まなみさんのラジカルコミュニケーション。
特に小森さんの番組は、ワシ高校生くらいに聞いていたのですが、それから10年後くらいに、10歳以上違う知人が今も視聴しているという話題を、今から6~7年前に聞いて、ビックリしたのもさることながら(この説明のややこしさにもビックリ)、たぶん今もやっているという長寿番組。・・・・・・今調べたら、やっぱり現役のようだ。やってる時間も分かったので是非また聞こう。


[ラジオとか。2]の続きを読む
  1. 2006/05/27(土) 08:30:03|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そば。2

ワシの蕎麦好き(+長イモ好き)に拍車をかけた「留萌のあの店(名前は覚えていない)」は、その後、数年で休業しました。
だから、高校生以降のワシは、旨い蕎麦屋に出会った記憶がありません。
いや、「まずい蕎麦屋ばっかりだ」という意味ではなく「お金を払って食いたいと思う蕎麦屋」になかなか出会えないのです。
勿論、これは、置かれた立場の変化にもよるのですが、自分でお金を払う立場になったとたん、味にもこだわるようになってしまったのでしょう。
「あの味で600円!?」とか「何故に蕎麦が1200円」とか。
だってメンにさえ高望みをしなければ、つゆは自分でこだわって作れる訳じゃないか。なら、専門店なら、一杯時給並の料金を払うならば満足できるモノを食べさせてもらいたいじゃない。
そう考えると、最近・・・・・・というか、やはり留萌のあの蕎麦屋が無くなってしまった後は、なかなか外じゃ食べる気にならないのです。

[そば。2]の続きを読む
  1. 2006/05/27(土) 08:18:42|
  2. 食べ物・お酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

そば。1

友達のお父さんが打った「蕎麦」を頂いた。すぐ食べた。
メチャクチャ旨かった。

その蕎麦を頂く話になった時、ワシが「結構な蕎麦好き」だと云うのが判明した。
考えてみるに、確かに小さな頃から父に付き合って蕎麦を食っていた気がする。

幼少の頃は、生まれ故郷の増毛(マシケ)では食事処シマカワさんの「ざるそば」を父が凄い勢いで食っていたし、ワシも食っていた。
思えば今の海苔好きも、このシマカワの「ざるそば」の海苔と蕎麦の旨さのハーモニーから起因したのかも知れない。
わさびを入れて食える年頃までは住んでいなかったのだが、大人になった今、是非あの「ざるそば」に父がやっていたようにワサビと長ネギを入れて大人の食い方をしたい。勿論最後は「蕎麦湯」で「つゆ」を割って飲み干す。

幼少~少年期には、もう1件、強く印象に残っている「蕎麦」がある。蕎麦屋じゃなくサウナ屋(?)で食う蕎麦だ。こちらは「月見そば」だ。
父は隣町の留萌(ルモイ)のサウナに良く行っていた。小学校低学年頃は何故か何度か付いて行って、何故か食事をそこで食った。そのサウナ(の売店?)で食った「月見そば」が、ワシの記憶している「最初に旨いと思った月見そば」だ。


[そば。1]の続きを読む
  1. 2006/05/26(金) 18:19:46|
  2. 食べ物・お酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウインドウズマシン。2

そんなワシの目に、CDは読み書き可、DVDは見るだけ、TVチューナーは無し、でもオフィスは入っていて、値段は・・・・・・まぁ、ぶっちゃけ11万だったんだけど(第1候補と同額)、そんな妥協点満載(でも悪くない妥協)なマシンが飛び込んできた。(正直オフィスがパッケージされていてこの価格帯は、片田舎の家電店では破格だと思う。持ち帰り可だし)

“コレを買わなければ妻子に呆れられる・・・・・・!”
という、もはや妄想としか考えられない思考が働き、その日のうちに買ってしまいました。
ついでに、コードレスの2階用の掃除機も。
(注:その日、ほんとうは掃除機を買いに行った)

メーカーは「某タイマー搭載(笑)」疑惑がささやかれる超有名メーカーのアレ。ネット使用でのウイルスとかも心配だったんだけど・・・・・・。
いやー、案ずるより生むが易しだね。
帰宅後、数時間でネットは見れるように出来たのはマグレだけど、XPってここまで直感的に出来るように進化していたのですね。ほとんどマックです。

数日後、家族のだれでもネットが使えるようにまで設定できた。
いやー、ネットってこんなに便利になっていたのね。
今まで自宅でも、会社でも古めのマック環境。当然ここ数年のプラグイン関係は強化されずに放置されて居たわけですが、ここまで便利になってるとは、正直思いませんでした。

[ウインドウズマシン。2]の続きを読む
  1. 2006/05/24(水) 12:00:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウインドウズマシン。1

今まで、古~いマック(といってもG3の黒のパワーブック)と、仕事の都合上バージョンアップ出来なくてOS8.6を使わざるを得なくて、それ故にエクスプローラー5.1orネスケ4.7以上は仕様上使えない環境だったワシです。

実を言うと、ウインドウズ買いました。
(ギャオって凄いね。実感)

そんな思いきった買い物を決意した経緯は・・・・・・引っ越しを期に一念発起して15年物の冷蔵庫を買い換え、ついでに温まりが非常に悪くなっていた電子レンジも『しょうがないよな・・・・・・』という感じで買い換え。
妻の友人に関西出身の方がいるおかげか、夫のワシが見ると結構「様になった感じ」で値切った上に、結局カードで分割払いという、今風なのか昔風なのか解らない買い方をしたせいか、担当してくれた地元の電器屋さんに(ビビる大木似)顔も覚えてもらうことが出来た。

『こうなりゃしめたものだ』とワシは思った。
(むしろ、電器屋のビビる君のほうがそう思った?)

[ウインドウズマシン。1]の続きを読む
  1. 2006/05/24(水) 08:00:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あー、はまっちゃった。

これは本格的にはまったと言っても良いだろう。
『涼宮ハルヒ』シリーズの話題です。
単にワシも一般人(一般的なオタクという意味)だったという事なのだろうか?ミーハー極まれりって事なのだろうか?

オンエア版の5話でやられた。
(4話では大丈夫だった)
なんか、原作小説が読みたくなっちゃって、地元で3~4日探したけどぜんぜん無いんだよ。
1年くらい前に、ライトノベルコーナーに沢山あって「あー面白いのかな?でも順番わかんないから・・・・・」って敬遠していた時代が懐かしい(?)。その時には沢山あったハズなのに。
しょうがないから、原作小説1(憂鬱)、2(溜息)、3(退屈)だけアマゾンで購入。

最高に面白いって部類の話じゃないんだけど、なるほど、人気があるのも納得。個人的な感覚的には、当時(?)の新井素子を読んでるような雰囲気。それの現代版な印象。
[あー、はまっちゃった。]の続きを読む

テーマ:なんてこったい - ジャンル:日記

  1. 2006/05/23(火) 12:00:00|
  2. アニメ・特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セルDVD。

ワシのようなケチがDVDソフトを買う時というのは、
1.どうしても手元に置いておきたい作品の念願のDVD化
2.劇場に行って面白かったので何度でも観たいから
3.劇場に行けなかったけど、絶対面白いのが分かっていて何度でも観たいから

・・・と、まぁこういう感じで、実にシンプルに分析できる。シンプルすぎて驚くくらいだ。
「1.」に該当するのは要するにあれだ、ガンダム。アムロが出てくる『ガンダム』。この場合、音もステレオ以上が望ましい。
「2.」は「3.」と分ける必要もない感じだが、「2.」が『ハリーポッター』で、「3.」が『ロードオブザリング』や『クレしん』だ。
宮崎作品は「2.」だったり「3.」だったり。

実は、最近はワシはとても恵まれた環境におり、○×#△○*×△?!○×@△な感じなのだが・・・・・・多くは語れない。

地元にお気に入りのレコード屋さんが無くなってしまったため、最近DVDの予約購入は、もっぱらネットで。「1.」~「3.」のような9割9分買うのが解っている作品は、潔く早々に予約をしてしまう。凄いと感じるのは、6000円くらいの劇場版アニメが手元に届く頃(?)には何故か4700円くらいにまで安くなっちゃっている事。予約したショップによっては2日くらい遅れてしまうとはいえ、それにしても安い。4000円台なら、劇場で家族でもう1回見るくらいの金額なので、ケチで貧乏性なワシでも、思いきって購入できるというもんだ。
[セルDVD。]の続きを読む

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/18(木) 18:05:10|
  2. 本・小説・マンガ・映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落ちついて考えた。

Z劇場版の話。
もともと否定派の方の意見ももっともだと思いつつも、なんとなく肯定派っぽいニュアンスだった方が「良く考えると失敗作だったのでは」と発言するのを見聞きすると、残念に思う。

もちろん、この内容(ラストへのストーリーのベクトルという意味)で、全編新作画で、サラの2部と3部での声優交代がなく、dybbukで締めなければ否定派の内の何パーセントかは肯定派になるというのは分かっているのだけど、でもこの劇場版は充分に楽しめた。
「ガンダムをずっと見ていたワシは楽しめた」という表現をしたい。
ラストに関しても過度の期待(というか、サイドストーリーやアナザーストーリーの知識がなかった)をしていなかったので、あのラストで楽しめた。

[落ちついて考えた。]の続きを読む
  1. 2006/05/13(土) 17:27:47|
  2. ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

ドロンパ国王

Author:ドロンパ国王

北海道に住む。見た目はリュウ・ホセイ、中身はランバ・ラル。リンク・TBも良ければお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。